俺、まちがってねぇよな?

ぼくの生存戦略

自宅でハンドドリップコーヒーを始める手順。まず最初に買うべきなのは?

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「自宅で美味しいコーヒーが飲みたい!」

 

この記事ではそんな希望をもっている人のために、ぼくの経験から導きだした「最適な家飲みコーヒーのスタイル」をご紹介します。

 

コーヒーは日常的に飲むものですから、

  • コスト
  • 値段
  • 手間

がバランスよくそろっていて欲しいですよね。

 

家で自分でコーヒーを淹れるようになって数年。

色々と検証した結果の最適解を紹介します!

自宅ではペーパードリップをおすすめする理由

コーヒーの抽出方法は、

  • ペーパードリップ
  • ネルドリップ
  • フレンチプレス
  • エアロプレス
  • サイフォン

など色々あります。

 

多くの方が「コーヒーを淹れる」というとペーパードリップを想像すると思います。

自宅でまさにそのペーパードリップが一番おすすめです。

 

まず同じドリップでもネルドリップはネル(布製のドリッパー)の管理がめんどうです。

使わない時は水に浸しておかなければならず、ちょっと自宅では非現実的。

 

次にフレンチプレスです。

フレンチプレスは円柱のガラス容器にコーヒー豆とお湯を入れ、数分待った後、金属製のフィルターで濾しとるという方式です。

 

一見して消耗品のペーパーがいらないし、ただ待つだけでコスパが良いのでは?と思うのですが、実際使ってみると金属フィルターの洗浄がかなりメンドクサイです。

フレンチプレスは思いのほか細かい部品が多く、洗い物としては面倒でした。

あと洗っていると、どうしても豆が排水溝につまる…。

 

ペーパードリップはペーパーと一緒に残りカスをサッと捨てられるので非常に楽です。

日常ではこうしたちょっとした手間が大切です。

 

エアロプレスとサイフォンはまずもって器具自体が高価ですね(笑)

場所もとりますし、これから家飲みコーヒーを始めたいという人にはすすめづらいです。

 

よって家ではペーパードリップが最適!ということになります。

それでは、以下から自宅でペーパードリップをするという前提でコーヒーアイテムを紹介していきます。

優先度順に並べました!

 

まずはコーヒーミルを買うべき理由

まず最初に買ってほしいのはコーヒー豆を粉に挽く「コーヒーミル」です。

「え?ドリッパーじゃないの?」と思われますが、家飲みコーヒーの醍醐味はコーヒーミルが作り出すといっても過言ではありません。

 

なぜかと言うとコーヒーの味(香り)に劇的に影響を与えるのが、「コーヒー豆が挽きたてであるか、否か」という要素だからです。

 

粉の状態で買ってきたコーヒーと豆のまま買ってきてその都度挽いて飲むコーヒーとでは、わかりやすく味が違います。

どうせ家でコーヒーを飲むならぜひ「挽きたて」を味わってほしいと思います。

 

またコーヒーは粉にすると一気に劣化が進みます。

常温で保存する場合、粉でだいたい2、3日。

豆の状態でも2週間で飲み切るのが推奨されています。

 

日常的に安定して薫り高いコーヒーを飲みたいなら、やはり「豆で買って自宅で挽く」という手順が必要です。

逆に言うと、コーヒー豆を挽かないのならドリップパック(紅茶でいうTパックのようなもの)で良いのでは?となっちゃう気がします。

程度によりますが、味にこだわらないのなら自宅でハンドドリップする意味も薄れてしまいますよね。

 

コーヒーミルは安いモノで¥1000程度で買えます。

ぼくが個人的におすすめするのはHARIOのセラミックスリムというコーヒーミル。

 

日常的に使いやすい設計になっており、値段も¥2000ちょいで買えます。

詳しい使い心地はこちらの記事でレビューしてますのでご覧ください。

関連記事:初めて買うミルにおすすめ『HARIO ( ハリオ ) 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム』レビュー 

 

次にドリップポット(ケトル)を買おう

次に買うべきはお湯を注ぐドリップポット(ケトル・やかん)です。

(まだドリッパーじゃないw)

 

ドリップの方法や技術は色んな所で紹介されていますが、それも全て最適なドリップポットがあってこそ。

ドリップに最適なドリップポットとは「注ぎ口が細く、できるだけ長いモノ」でしょう。

 

ドリップはドバドバとお湯を注いで豆を荒々しく踊らせてはダメです。(あえてスプーンで混ぜちゃう場合もありますが)

静かに豆にお湯を浸透させることができる注ぎ口が望ましい。

とは言え、市販のドリップポットはだいたいそんな感じになっていますよ(笑)

 

アルミ製、銅製、電気ケトルなどいろいろありますが、容量や予算に合わせて選んでください。

ちなみにぼくが使っているのは、和平フレイズ コーヒーポット 1.0Lです。

 

ベターな商品ですが、使い心地は良いです。

迷ったらどうぞ。

 

温度計も準備しておこう

ドリップポットでお湯を沸かすときはぜひ温度を計ってください。

ドリップコーヒーの適温とは75℃~95℃の間と言われています。

 

お察しの通り、低温だとまろやかな味わい。

高温だとメリハリのあるハッキリした味わいになります。

 

ぜひ一度、低温で飲んでみて下さい。

マイルドながらも挽きたてコーヒーならではの鮮烈な香り…。

缶コーヒーやコンビニコーヒーにはなかなか出せない味になります。

 

抽出温度も味に対する影響度が大きいため温度計はぜひ使いたいところです。

温度を変えて、色々と実験するのも家飲みの醍醐味ですね。

 

最後にドリッパーとサーバーを買おう

いよいよ最後にドリッパーを買いましょう。

ドリップコーヒーを始めよう思うと、まずドリッパーを買いたくなりますが、ここでは最後に紹介しました。

 

っというのも、

  • 豆の鮮度(挽きたて)
  • お湯の注ぎかた(ちゃんと注げるドリップポット)
  • お湯の温度

という前提がないと、いくらドリッパーを吟味しても意味が薄れてしまうからです。

 

しっかり前提を抑えたうえでドリッパーを選んでいきましょう。

ペーパードリップ用のドリッパーは、

  • ハリオ
  • コーノ
  • メリタ
  • カリタ

と色んなメーカー(ブランド)から販売されています。

 

一般に初心者の方におすすめなのが3つ穴のドリッパーと言われています。

3つ穴だとお湯が豆に浸透して通り抜けるスピードが一定に保たれ、味が安定しやすいと言います。

主にカリタが3つ穴ドリッパーとして有名です。

 

あとは見た目で選ぶのもアリかなと思います。

インスタントコーヒーとかもっと簡単にコーヒーが飲める選択肢ある中で、あえてペーパードリップをするわけですから、味以外にも「使っていてテンションが上がる」というのも個人的には大事だと思います。

 

例えばこの「カリタウェーブ」なんかオシャレじゃないですか?

 

ウェーブがドリップを安定させ、こちらも初心者におすすめといいます。

 

ちょっと高価ですが、ケメックスのドリッパーサーバー一体型ポットはその見た目のオシャレさから大人気です。

 

洗うのがめんどくさそうですが(笑)、コーヒー好きにとっては憧れのアイテムだったりします。

 

まぁ、ぼくが使っているのはハリオなんですが(笑)

大きい1つ穴のハリオは抽出スピードをコントロールすることができ、プロでも使う人が多いドリッパーです。

 

(こう言うと専門家に怒られそうですが)先ほど言ったとおり、ドリッパーの選択は

  • 豆の鮮度
  • お湯の注ぎかた
  • お湯の温度

に比べると味に与える影響度は小さいです。

ですから、家で楽しむ分には「見た目」や「コスト」で選んだって良いでしょう。

 

最後に抽出されたコーヒーを受け止めるサーバーですが、これは1人暮らしの方だったら買わなくても良いかもしれません。

一杯だけならマグカップに直接ドリッパーをセットして抽出できますので。

 

ただ耐熱性のサーバーがあるとコーヒーを温めなおす時に便利です。

ぼくはフライパンに水をはってサーバーごと湯煎で温めます

別に電子レンジでも良いのですが、湯煎にすると風味が飛びづらいのでおすすめです。

 

またサーバーがあるとアイスコーヒーを作る時にも重宝しますよ。

 

ドリップのやり方

ペーパードリップのやり方はYouTubeにたくさん動画がアップされています。

こちらの動画なんかわかりやすかったので参考にしてみて下さい。

www.youtube.com

 

おすすめのコーヒー豆

さて、ここまで味に与える影響度を考えて「まずはこのアイテムを買おう!」とご紹介してきました。

 

しかし実はコーヒーの味に与える影響度は、

  • 豆の品質:7割
  • 焙煎:2割
  • 抽出:1割

だそうです(笑)

 

前提というならば、まずは高品質なコーヒー豆を手に入れなければ話にならないというわけですね。

おそらくみなさん気になるコーヒー専門店があるでしょうが、一応ぼくのおすすめも紹介しておきます。

 

ぼくが日常的にお世話になっているのが堀口珈琲です。

堀口珈琲は90年代から先駆けて日本でスペシャルティコーヒーに取り組んできた老舗コーヒーロースター。

農園と直接取引してコーヒー豆を輸入しています。

 

焙煎も最近流行りの「サードウェーブ的浅炒り」だけでなく、日本でなじみ深い深煎りのコーヒーがちゃんと用意してあります。

常時9種類のブレンドがあり、季節のシングルオリジンもありと汎用性の高いコーヒー専門店です。

 

通販もやってますので、もし品質の高いコーヒー豆が手に入れづらい環境にあるのならぜひ購入を検討してみて下さい。

⇒堀口珈琲 HORIGUCHI COFFEE

 

 

以上、「自宅でハンドドリップコーヒーを始める手順」をご紹介しました!

参考になったらうれしいです。

 

それでは!