俺、まちがってねぇよな?

働きたくない、ぼくの生存戦略

使って分かった!東京⇔沖縄でLCCを使う意外なデメリット

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

沖縄に行ってきました!

毎回、LCC(格安航空券)を使って成田~那覇間を往復しているのですが、

 

「安いけど、LCCにもデメリットあるな~」

 

と思ったので共有しておきます。

東京から沖縄に向かう方は参考にしてもらえればと思います。

 

移動!移動!バス移動が増える

成田~那覇間をLCCを使うと、とにかくバス移動が多いんですよ。

 

①東京駅から成田空港までのバス(1時間)

②ターミナル(搭乗口)から飛行機までのバス(5分)

③那覇空港のLCCターミナルからエントランスまでのバス(5分)

(都心⇒成田空港は成田エクスプレスを使えば早いがけっこう高い。。。)

 

時間にしたら大したことないんですが、ホラ電車でもなんでも移動って乗り換えが多いとメンドクサイじゃないですか?

 

行列に並ぶ、乗る、席に着く、降りる。

 

乗り換えがなければ1回で済むループを、乗り換えごとに繰り返す。

コレ、地味に見えて苦痛ですよね。

 

羽田からANAやJALを使うと、①②③とも回避できます。

 

羽田からJALで沖縄まで行った友人によると、機内までは搭乗口直結。

ターミナル間をバスで移動することもありません。

もちろん羽田は成田より都心から近いです。

 

だから時間がかかる

そんなわけで、けっきょく羽田を利用するよりも時間がかかります。

この細かい移動を計算に入れずにノンビリしていると、思ったより時間がなくなって焦りますよw

 

移動時間が増える=暇な時間が増える

 

ということでもあるので、ヒマつぶしは多めに準備しておいた方が良いでしょう。

まぁ、今日びスマホがあるから色々できまけど、バスに揺られながらスマホ画面を見続けると酔うんですよねw

 

酔ったら最悪!

 

ヒマつぶしは音楽メイン。

酔い止めも飲んでおく。

その辺の対策もしておいた方が良いですね。

 

だから疲れる

んで、細かい移動が多いのでコレがけっこう疲れるわけです。

常にヒトゴミの中をうごめくので神経を使います。

 

普段の通勤でも乗り換えってイヤでしょ?

これが旅行中に大きな荷物をもって何度も乗り換えすると考えると、その疲労感を想像できると思います。

 

那覇到着後、また帰京後の体力を計算にいれておスケジュールを立てておいた方が良いです。

この移動だと沖縄初日にダイビングとかハードなアクティビティをするのはちょっと無理かなと個人的には思いました。

 

機内は狭い、怖いw

LCC国内線の機内はやっぱりちょっと狭いですねぇ…。

機体が小さいので機外が近い気がしますw

 

個人的なフィーリングでしかないのですが、元々飛行機が苦手な人だとちょっと怖いかもしれません。

いわずもがな、狭さはストレスになります。

 

なんと今回ぼくは強風のためなかなか飛行機が飛び立たず、機内に5時間カンヅメという苦行を体験しましたw

いや~さすがにきつかったですね!

 

飛べないのはLCC関係なのですが、トラブルがあるとデメリットがさらにデメリットとして感じられました。

 

まとめ:疲労と時間はプライスレス。LCCは子ども連れにはシンドイかも

そんなわけで、成田⇔那覇間でLCCを使うデメリットは、

  1. バス移動が増える
  2. ヒマな時間が増える
  3. 疲れやすい
  4. 機内が狭い

といったことでした!

 

コレ、冷静に考えて「子ども連れはシンドイな…」と思いました。

小さな子どもを連れた旅行はただでさえ体力を使うでしょうし。

 

もちろんLCCの方がダントツに安いです!

 

とは言え、体力と時間はお金で買えない人生の貴重な資源。

 

「一生に一回の家族旅行、思う存分楽しみたい!」

といったシチュエーションなら、高額でも迷わず快適な選択肢を選んだ方が良いと思いますね。

 

逆に気ままな一人旅とか、学生カップルの旅行だったらLCCは最適です。

ヒマな時間も苦にならず、疲れても自分のペースで観光できます。

 

なんで、ぼくはデメリットを加味しても、これからもしばらくLCCを使うと思いますw

LCCチケットの購入はこちらのサイトが便利ですのでどうぞ。

⇒国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

 

 

そんなわけで以上が「LCCのデメリットについて」でした!

参考になったらうれしいです。

 

それでは!