俺、まちがってねぇよな?

働きたくない、ぼくの生存戦略

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージできるようになったのでやってみた!やり方を紹介【簡単】

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

全国のセブンイレブンに設置してある「セブン銀行ATM」で、電子マネーの楽天Edyがチャージできるようになったと聞いて、さっそくチャージしてみました。

 

今までEdyのチャージって、

  1. クレジットカードから
  2. 対応店舗のレジから
  3. アプリから

できたのですが、ATMでチャージできるって一番わかりやすくていいですよね!

 

いつもレジで「Edyチャージお願いします…」と言うのがおっくだった人見知りには嬉しい限りでしょう(笑)

 

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする方法

やり方も非常に簡単でした。

  1. 電子マネーにチャージするボタンをおす
  2. チャージするを選択
  3. 楽天Edyをセット
  4. チャージする金額を選ぶ
  5. お金を入れる
  6. 明細が必要か選ぶ

でOKです。

 

まずATMの前に立ったら、表示されている画面の上部の「電子マネーチャージはこちら」を指でタッチします。

(※光の反射で写真が見づらくなっています。ご了承ください)

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする手順1

 

「電子マネーを置いてください」と出るので、Edyカード(アプリで使っている場合はスマホ)を向かって右側にセットします。

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする手順2

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする手順3



セットすると「チャージ」と「残高確認」もボタンが画面に表示されますので、ここではもちろん「チャージ」を選択します。

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする手順4

 

金額を選びます。

切りのいい金額や、千円単位で任意の金額でもチャージできます。

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージ5

 

あとはATMにお札を入れたらチャージは完了します!

最後に明細が必要か聞かれます。

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージする手順6

 

もし確定申告などで必要な方は貰っておくと良いと思います。

セブン銀行ATMで楽天Edyにチャージした時の明細書


とっても簡単!

レジに並ぶより早いし、スマホの操作が苦手なご年配の方でもATMなら使い慣れてますよね。

 

楽天Edyは2019年以降の必須アイテム!増税対策まったなし!

2019年に消費税が10%に増税されることに決まって、同時に政府はこのような方針を打ち出しています。

たとえばクレジットカードやスマートフォンでのQRコードでのキャッシュレス決済をした場合、2%分をポイントで還元し、その分を政府が補助するという仕組みが導入される。

来年10月に消費税10%…なぜ政府は「キャッシュレス」にこだわるのか? - FNN.jpプライムオンライン

 

今でさえ現金よりもクレジットカードや電子マネーがお得になのに今後はその差がさらに広がるみたいですね。

 

ぼくもそう思って、最近Edyを使っている次第です(笑)

現在は楽天Edyでセブン銀行ATMでチャージするとポイントが貰えるキャンペーンをやっています。

 

ちなみに楽天Edyは使い方は、

  1. スマホアプリ
  2. Edy付き楽天ポイントカード
  3. Edy付き楽天カード

とあります。

 

なかでもEdy付き楽天カードは「クレジットカード」「Edy」「ポイントカード」が三位一体になっていて便利ですよ。

まだ楽天カードは持っていない方はぜひ検討してみて下さい。

 

それでは!